追い炊き配管クリーニングの重要性|綺麗で清潔なお風呂に入るために

追い炊き配管クリーニングの重要性 サムネイル

 

あなたは毎日ちゃんとお風呂掃除をしていますか?お風呂掃除を毎日行うという人もいれば、お風呂の水は毎日交換しないという人もいるでしょう。

ですが、毎日お風呂掃除を行うという人でも「追い炊き配管の掃除、クリーニング」までちゃんと行っている人はほとんどいません。浴槽そのものを丁寧に掃除していたとしても、お風呂の水が通る配管内が汚ければ、たちまちお風呂の中は見えない雑菌だらけになってしまうでしょう。

 

私は給湯器のメンテナンス事業に携わっていますが、実際にお風呂配管の汚れをチェックしてみると「目に見えるレベルの湯垢汚れ」が大量に出てくるお家も珍しくありません。

お客様はみんな目を丸くして驚かれますが、目に見えるレベルで汚れが出てくるのはハッキリ言って論外です。雑菌は目に見えないレベルで繁殖していますからね。

 

この記事では「綺麗で清潔なお風呂に入るために大切な追い炊き配管クリーニングの重要性」についてご紹介します。

これまで追い炊き配管のお掃除やクリーニングを手抜きしてきた方や、お風呂の配管洗浄に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 



 

お風呂の追い炊き配管クリーニングの重要性

追い炊き配管を洗うことは難しい

 

浴槽を洗う時、あなたはどのようなことに注意していますか?

洗剤にも香りや汚れの落としやすさで好き嫌いがあるでしょうし、浴槽の種類によってはブラシの種類やスポンジの種類にも気を遣っていることでしょう。

どちらにしても浴槽を洗う場合は、基本的に手作業だと思います。浴槽のお湯を捨て、ブラシやスポンジで汚れを落とし、水で流すという作業になるはずでは?

 

一方で追い炊き配管の場合。使用している給湯器の種類によって「お湯はり機能と追い炊き機能があるもの/お湯はり機能がなく、追い炊き機能しかないもの」という2種類が存在します。

もし「追い炊きや保温動作を一切しない」という場合であればこの限りではありませんが、大抵の人は「お風呂の温度が下がった時に追い炊き(あるいは温度が下がらないように保温)をしている」ことでしょう。

 

この時に「浴槽内のお湯が追い炊き配管を通ってしまうことで、追い炊き配管の中に汚れたお風呂の水(皮脂、湯垢、肌に付着していた雑菌など)が入ってしまう」というわけです。

追い炊き配管も洗剤を使ってブラシやスポンジでこすったりできれば問題ないのですが、追い炊き配管にブラシは入っていきませんし、多くの方は「循環フィルターくらいしか掃除したことがなく、循環金具の取り外し方すら知らない」という人が多いと思います。

これこそが追い炊き配管のお掃除、クリーニングが必要なことの大きな理由です。

 

配管クリーニング機能があれば大丈夫?

 

給湯器の種類によっては「配管クリーニング機能」という機能が付いている機種も存在します。このような給湯器を使用しているお客様の場合は「給湯器が自動で掃除してくれるんでしょ?」と思っているのかもしれません。

確かに配管クリーニング機能と言われると、いかにも配管を清潔にしてくれるイメージがありますが、実はそうとも限らないんです。理由として「配管クリーニング機能というのは、単にお湯を流す機能にしか過ぎない」からです。

 

配管クリーニングと言っても、要は「お風呂のお湯を捨てようとした時に、給湯器がそれを察知して追い炊き配管にお湯を流す」という機能になります。この時に流すお湯は当然ながら熱湯ではないので、滅菌消毒などには期待できません。

浴室の汚れを思い浮かべてもらうと分かるかと思いますが、湯垢、水垢、カビ、皮脂汚れ等など。非常に多種類の汚れが発生する場所です。

追い炊き配管に水を流すという行為は、「配管内に残っている雑菌だらけの風呂水を配管内から押し出す」という行為に相当します。確かに一定の効果には期待できますが、果たして雑菌や皮脂が付着した部分を水洗いするだけで、配管クリーニングと言えるのでしょうか。

 

これがクリーニングと言えるなら、食器洗いも水洗いでOKということになります。生野菜を盛り付けしたお皿ならともかく、油汚れだと洗剤を使ったりしたいですよね?

洗剤を使うだけでなく実際にスポンジで擦ったり、あるいは食洗器のように何度もジャバジャバ水をかけてある程度の負荷を与えて欲しいところです。「単にちょっと温かいお湯を流すだけでクリーニングと呼ぶのは、ちょっと頼りない」というのが給湯器のメンテナンス事業に携わっている私の見解です。

 

お風呂の配管お掃除、クリーニングは自分でもできる?

 

配管洗浄、配管クリーニングの方法には大きく2種類のやり方があります。

  • 殺菌、除菌効果のある薬剤を流し込む方法
  • 水圧などを配管にかけて汚れを吹き飛ばす方法

 

まず前者の「薬剤で除菌する方法」ですが、これは一般の方でも十分に対策可能です。ホームセンターやドラッグストアに行けば、配管洗浄剤という名称で何かしらの薬剤が売られていると思うので、それを使用するといいでしょう。

注意点としては「配管洗浄とは言っても、あくまで追い炊き配管に対応している洗浄剤を選ぶ必要がある」ということ。そして「それもやはり完ぺきではない」ということです。

 

配管洗浄剤には「排水管洗浄/トイレ配管の洗浄」など、様々な種類のものが販売されています。

キッチンやトイレの排水管は塩化ビニールなどの材質が使用されているケースが多いのですが、お風呂の追い炊き配管の多くは強化ホースと呼ばれる物が使われていて、金属やプラスチック素材ではありません。まずは配管洗浄剤もしっかりした物を選ぶ必要があります。

 

そして洗浄剤を使用する場合は、洗浄剤を溶かし込んだお湯を給湯器の追い炊きポンプでグルグルさせるだけです。食器洗いに例えると「洗剤を入れた大きなバケツの中にお皿を入れ、そのバケツの中の水をグルグル循環させるだけでお皿の油汚れが取れるか」というニュアンスに近いと思います。

やはり「手やスポンジで擦りたい/それなりに汚れを落とす負荷を与えたい」と考える人が大多数なのではないでしょうか。

 

そこで私たちメンテナンス業者は「薬剤による配管そのものの殺菌、除菌」と「追い炊き配管に水圧などを加えて洗浄する」という行為を同時に行うことで、配管クリーニングを実施しています。

追い炊き配管に水圧を加える行為は、循環金具の破損に繋がったり、金具を留めているビスの紛失などにも繋がりますし、やり方を誤ってしまうと給湯器の故障に繋がってしまうケースもあるので、一般ユーザーの方にはおすすめしません。

 

配管クリーニングの正しい方法(お風呂を清潔に使うためのアドバイス)

定期的に市販されている洗浄剤で追い炊き配管をクリーニングする

 

まずは「自分でできるメンテナンスは自分で行う」ことによって、コストを低く抑えます。

1番おすすめなのは「給湯器の配管クリーン機能を使いながら、定期的に市販の薬剤を使って洗浄する」ということです。

 

毎日入浴するご家族の人数や、入浴剤使用の有無などによっても配管洗浄の頻度は変わってきますが、「4人家族、入浴剤を使用する」という場合であれば月に1回くらいのペースで行ってもらえば十分でしょう。

洗浄剤自体は3つ入りでも500円以下で買えますし、そこまで金銭的な負担も大きくないはずです。掃除を怠ることによって清潔なお風呂に入れなくなるだけでなく、ひどい場合は給湯器の故障に繋がったり、給湯器の機器寿命を早めてしまうリスクがあるので、それを考えたら結果的なコスパは良くなるんじゃないかと思います。

 

1年~3年に1回くらいはプロの清掃業者に依頼する

 

そして自分の手では負えない部分は、専門の業者に依頼するのがおすすめです。清掃業者であれば「専用の薬剤」なんかも使用するので、それは市販されている薬剤よりも除菌効果や殺菌効果に期待できます。

そして一般ユーザー様の場合は、大体「薬剤を溶かし込んだお湯を追い炊きして循環させる」ということになり、その水圧は給湯器のポンプの流量でしかありません。一方で業者にお願いすれば給水圧をかけて高圧洗浄を行ってくれたり、すごい業者だと専用の装置を使って追い炊き配管を洗浄してくれるでしょう。

 

 

個人的におすすめしたい清掃業者は「おそうじ本舗」さんです。おそうじ本舗さんでは、最新の泡発生装置を使って、薬剤+泡の洗浄力で配管内の汚れや雑菌を根こそぎ綺麗にしてくれます。

価格は23000円ということで決して安くはありませんが、毎日快適で清潔なお風呂に入るための必要経費として考えれば悪くないでしょう。ちなみに給湯器のポンプに汚れが詰まって故障してしまった場合は、簡単に30000円くらいの修理費用になってしまうので、それを防ぐという意味でもおすすめです。

 

 

追い炊き配管クリーニングをして清潔なお風呂に入ろう!

追い炊き配管のお掃除を怠ってしまうと、清潔なお風呂に入れないことの他にも「給湯器の機器寿命が短くなったり、予期せぬ故障を引く起こすリスクが高まる」というデメリットがあります。

何より身体を綺麗にするためのお風呂で雑菌まみれになっていると考えたら、それだけでも決して気持ちの良いものではありませんよね?

高頻度でプロに依頼する必要はありませんが、まずは自分なりに配管洗浄を心がけ、年末の大掃除や1年~3年ごとのスパンで定期的にプロに依頼して配管クリーニングしてもらうことをおすすめします。

 



もっと詳しく追い炊き配管クリーニングの情報を知りたい人はこちら

「お風呂配管、追い炊き配管」の掃除方法|プロに任せて安心清潔!

追い炊き配管クリーニングの重要性
タイトルとURLをコピーしました